中国武術画録 南派蟷螂拳について 

 
 


・ 太極拳についてはこちらから・・・





・ 戴氏心意拳についてはこちらから・・・





・ 八極拳についてはこちらから・・・





・ 劈掛拳についてはこちらから・・・





・ 翻子拳についてはこちらから・・・





・ 詠春拳についてはこちらから・・・





・ 白鶴拳についてはこちらから・・・
























































南派拳法 周家蟷螂拳 朱家蟷螂拳




TVにて南派蟷螂拳の紹介




南派蟷螂拳は短橋短馬に属する南派少林拳であり、源流は福建少林寺とされ、客家人の間で伝承があった拳法であり、広東省・福建省など中国南方地域を中心に伝承されている周家蟷螂拳や朱家蟷螂拳などと分かれて伝承されていると知られている。
これらの南派蟷螂拳は世界的に広く普及されている詠春拳にとって最強のライバル門派とされおり、覇を競い合い多くの他流試合があったとされている。

●周家蟷螂拳

 周亜南が少林寺で修行した後に、螳螂と雀の闘う姿にヒントを得て創始したとされている。特徴としては上下が連動していて、発勁動作及び攻撃は大変力強く迅猛であり、短い距離から打つのが特徴の拳法であるが、その動きの中で内勁も含まれ、その内勁を修得すると暗勁まで達することができるとされている。
客家拳法の精髄だというわれる各種気功法の各段階を踏みながら強固な身体を作っていくプログラムがあるのが最大の特徴。


朱家蟷螂拳

 別名朱家教と言われ、周家蟷螂拳とは源流は同じである。客家語では“周”と“朱”は同じ(近い)発音であるから名前が分かれて伝わったのだろうとされている。朱家蟷螂拳の手法は拳が胸前から打つ、相手が打ってくれば我も打つというのが要訣だそうである。周家蟷螂拳とは似ている拳法ではあるが、技術的に異なる部分も多く見られる。


いずれも同じ蟷螂拳だといっても、北派螳螂拳とは、技術内容がまったく異なる。




金的攻撃が無効!テレビでの紹介(周家蟷螂拳)


独自の気功法を練ることにより急所(金的)攻撃が無効になるそうだ。


日本で有名な(?)セキュリティ教室の教官が葉瑞宗師の娘婿である呉士麒老師に挑戦!?


160センチの小柄な呉老師は白人の大男を完全に子ども扱いにしている。


葉瑞宗師による周家蟷螂拳基本拳路 三歩箭


若き日の葉瑞宗師の武勇伝は多い。治安の悪かった当時の九龍城の近くに道場で教えていた葉瑞宗師は
近所の治安を守るため時にはマフィアと死闘に及ぶこともあり蹴り殺したこともあったという。



葉瑞宗師の息子・葉志強老師による周家蟷螂拳の対練


独特の気功法により腕や身体を鋼のように強くしていく。




東江周家蟷螂国術協会 アジア電視の取材





強い鉄人のような身体を作る!

急告!
東江周家蟷螂国術協会系統の周家蟷螂拳を都内(23区内)にて指導します。教室的な指導でなく、呉士麒老師がインストラクターに教えてくださった伝授形式でお教えします。

受講料1万円(4回の受講料で)受講料は一括払いとさせて頂きます。

事前予約制なので、貴方のご都合のいい日をお伝えください。受講希望の方は、氏名、連絡先(携帯電話でも可能)、受講希望日(第一希望から第三希望迄)、ご年齢、志願理由、健康状態等を明記の上、お問い合わせください。
見学や体験は受け付けておりません。

●お問い合わせ先 chinawushu777@yahoo.co.jp


但し以下の方は学習頂けませんので、予めご了承下さい。

・真摯に学ぶ意識のない方(師範と師弟関係を築こうとはせず、お客様意識の強い方)
・日本でよく見かける中国拳法オタク(教えた通り練習しようとはせず理屈っぽい人はお断りしています)
・暴力団、組関係者等反社会勢力、その他当団体が不適当と判断した方
・健康に異常があると判断された方(心臓疾患など基本的な運動時に心配のある方や、療養中など、極端に体調のすぐれない方、鬱(うつ)など精神的に非常に不安定な方、そして何らかの怪我をされている方は、必ず事前に医師とご相談されてから受講下さい)
・女性の方(女性は陽気が足りないので受けていません)
・タトゥー(刺青)がある方(必ずしも全ての方ではなく、お人柄を見て判断させて頂きます)
・仕事や家庭の事情で休んでばかりで月に1回、或いは月に2回ぐらいしか練習に来られない方(こちらでは形式的な型中心といった練習でなく、功力を養う練習をしております。毎回練習に参加されることを前提に、カリキュラムを組んでいます。本物の武術を身につけるためにはある程度続けて通われることが基本ではないでしょうか。 )










■戻る


inserted by FC2 system inserted by FC2 system